2015-11-14(Sat)

脊椎・骨盤矯正と整体






星野では、同社のトマム成長戦略に「(豫園旅游を傘下に持つ)復星集団が賛同している」として、株式売却後もトマムの運営を行う。 トマムはパウダースノーで有名なスキー場のほか、ホテルやゴルフ場を持つ、日本を代表する総合リゾート。民営の複合企業である復星集団(上海市)に属し、今回のトマム買収も復星の意向が働いた。豫園旅游は上海の有名庭園、「豫園」周辺の大型商業施設を管理するほか、飲食や医薬、不動産など各業種も営む。星野はこれまで海外の投資ファンドとともに株式を所有していた。上海市の総合商業グループ、上海豫園旅游商城は11日、北海道のスキーリゾート、星野リゾートトマム(占冠村)を買収すると発表した。復星は今年、フランスのリゾート施設運営会社、クラブメッドを買収するなどリゾート業を強化している。トマムの株式100%を星野リゾート(長野県軽井沢町)などから183億円で取得する。日本観光ブームを背景に中国勢の進出が活発化している。




11~13歳の子どもは練習中のヘディングの回数に制限を設ける。米サッカー協会は、同じ規定を導入するかどうかの判断は個々の団体に委ねるとしながらも、規定は医療委員会からの勧告に基づくと強調、同様の対応を取るよう強く促している。米国ではここ数年で、サッカーやアメリカンフットボールといったスポーツ選手の脳震盪(のうしんとう)問題に対する関心が高まっていた。サッカーをする子どもたちの安全性向上に貢献できたことをうれしく思う」とコメントしている。今回の規定は、2014年に米サッカー協会などを相手取って起こされた裁判がきっかけとなった。原告との合意内容にはヘディング禁止のほか、監督や審判、保護者、選手に脳震盪の危険性を知ってもらうための啓発キャンペーンや、試合に戻る場合の手順が盛り込まれた。今回の規定の対象となるのはその一部にとどまる。原告側弁護団の代表は「最大の目標は達成された。ヘディング禁止規定は米サッカー協会傘下のユースナショナルチームやアカデミーに所属する男女が対象となる。米サッカー協会は11日までに、10歳以下の子どものヘディングを禁止すると発表した。米ユースサッカー協会の2014年の統計によると、全米のユースサッカー人口は約300万人で、男女の比率はほぼ半々。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR