2015-11-20(Fri)

骨格矯正と整体(手技療法)

ブログ ブログ カイロプラクティック



米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設をめぐり、同県の翁長雄志知事は11日午後、県庁で記者会見し、辺野古沿岸部埋め立て承認の取り消し処分を是正するよう求めた国の指示を拒否することを正式に表明した。提訴後15日以内に口頭弁論が開かれる見通し。辺野古移設阻止の公約実現に全力を挙げる考えを改めて強調した上で、「国の考えに(裁判で)一つ一つ反論したい」と述べ、自ら法廷で陳述することにも意欲を示した。これに対し、安倍晋三首相は11日の参院予算委員会で「普天間の危険除去には辺野古(移設)しかない。建設を進めて5年たてば完成する。翁長氏は会見で「一連の政府の対応は地方自治の本旨に照らして極めて不当だ」と批判。これを受け、政府は地方自治法に基づき、知事に代わって埋め立てを承認する「代執行」に向け、週明けにも高等裁判所に沖縄県を提訴する方針で、両者の対立はいよいよ法廷闘争に移る。しっかりと法令に従って作業を進めていきたい」と述べ、移設作業を継続する方針を明確に示した。

星野では、同社のトマム成長戦略に「(豫園旅游を傘下に持つ)復星集団が賛同している」として、株式売却後もトマムの運営を行う。 トマムはパウダースノーで有名なスキー場のほか、ホテルやゴルフ場を持つ、日本を代表する総合リゾート。民営の複合企業である復星集団(上海市)に属し、今回のトマム買収も復星の意向が働いた。豫園旅游は上海の有名庭園、「豫園」周辺の大型商業施設を管理するほか、飲食や医薬、不動産など各業種も営む。星野はこれまで海外の投資ファンドとともに株式を所有していた。上海市の総合商業グループ、上海豫園旅游商城は11日、北海道のスキーリゾート、星野リゾートトマム(占冠村)を買収すると発表した。復星は今年、フランスのリゾート施設運営会社、クラブメッドを買収するなどリゾート業を強化している。トマムの株式100%を星野リゾート(長野県軽井沢町)などから183億円で取得する。日本観光ブームを背景に中国勢の進出が活発化している。

製薬大手「ノバルティスファーマ」(東京)が、医薬品の重い副作用約5500例を期限内に国に報告しなかったことがわかり、厚生労働省は今月中にも、医薬品医療機器法(旧薬事法)に基づき同社に業務改善命令を出す方針を固めた。同様の副作用報告義務違反で同社は昨年7月に業務改善命令、今年2月には業務停止命令を受けている。同社広報部は「現時点でコメントは差し控えたい」としている。今年初め頃に起きたシステム障害が原因で、隠蔽などの悪質性はなかったという。

国立公園として開設された「マンハッタン計画国立歴史公園」は、原爆開発の中心となったニューメキシコ州ロスアラモスなど、3つの州の施設を1つの公園とする異例の形式。 ジュエル内務長官「何が起きたかを全ての側面から伝え、教訓を反映し、今後さらに賢明な決断をするために、振り返るのを恐れないことを願う」 内務省などは来年関係者から意見を聞き取り、展示の方向性などを文書にまとめることにしている。現在、施設の訪問には制限もあるが、数年をかけて来場者への公開の範囲を広げる方針。アメリカ政府は10日、第2次大戦中にアメリカが原子爆弾を開発した「マンハッタン計画」の関連施設を国立公園として正式に指定し、所管する閣僚らが署名式を行った。国立公園化には、戦争や核兵器を美化するのではないかといった懸念が日本の被爆者などから寄せられていたが、アメリカ内務省は「歴史を変えた出来事を忘れずに、学ぶため」だと強調している。

二重決定は反核に傾斜した社民党内での立場を弱め、経済政策の対立と相まって自由民主党が社民党との連立政権から離脱する事態を招き、82年10月、不信任案可決により8年間にわたる政権は幕を閉じた。主要国首脳会議(サミット)構想を提唱する一方、国内で頻発したテロには屈しない姿勢を堅持。75年に第1回会合が開かれたサミット構想をフランスのジスカールデスタン大統領と提唱し、世界的な経済危機に対処する上で他の西側首脳への良き助言者となった。 シュミット氏は9月初めに脚の血栓を除去する手術を受けた後、感染症にかかり、体調を崩していた。続いて起きたモガディシオでのルフトハンザ機乗っ取り事件で、特殊部隊を強行突入させて人質全員の保護に成功し、国民の信頼を不動のものとした。 1974年5月にスパイ事件で辞任したブラント首相の後任として、戦後2人目の社会民主党政権の首相に就任。 96歳だった。同紙を通じて内外の政治家に辛口のメッセージを発信。9年3月に導入され、欧州通貨統合への第一歩となった欧州通貨制度(EMS)の生みの親だった。 首相辞任後の83年から週刊紙ツァイトの共同発行人となり、健筆を振るった。政界のご意見番として第一線で活動を続けた。経済、外交、安全保障に通じ、特に危機管理にその手腕を発揮した。「西独最強の宰相」といわれたヘルムート・シュミット元西独首相が10日、北部ハンブルクで死去した。 軍縮問題にも精通し、早くからソ連の中距離核ミサイルの脅威に警鐘を鳴らし、米中距離核の欧州配備とソ連との軍縮交渉をセットにした北大西洋条約機構(NATO)の「二重決定」採択に尽力した。 極左組織・ドイツ赤軍派による77年9月のシュライヤー経団連会長誘拐では、犯人の要求に屈しない決然たる態度を取った。





ブログ
ブログ
カイロプラクティック
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR