2015-12-09(Wed)

骨格矯正とカイロプラクティック

カイロプラクティック ブログ カイロプラクティック



正社員に比べて立場の弱い非正規社員を守るため、派遣元だけでなく、実質的な職場である派遣先の企業にも防止策を義務づける。 現行法は、マタハラの禁止を明記しているが、企業に防止策を義務付けていない。厚生労働省は、妊娠や出産を理由とした職場での不利益な取り扱い(マタニティー・ハラスメント)の防止策を企業に義務付ける方針を固めた。厚労省が9~10月に行った調査でも、妊娠した派遣社員が、派遣先で「迷惑だ」「辞めたら?」などと言われる実態が明らかになった。男女雇用機会均等法と育児・介護休業法を改正し、相談窓口の設置や上司の研修などの具体策を指針で示す。 25日の労働政策審議会分科会で明らかにした。2017年の実施を目指す。来年の通常国会に提出する予定の改正案では、産休や育休を取得する社員に対し、上司や同僚が退職を勧めたり、人事考課で評価を下げたりしないよう、企業に対策を立てさせる。




格差が2倍を超える選挙区が13に上った点も踏まえ、「1人別枠方式廃止の趣旨に沿った選挙制度の整備が実現しておらず、区割りは投票価値の平等に反する状態にあった」と述べた。大法廷は11年、格差が最大2.30倍だった09年衆院選を「違憲状態」と指摘、格差の要因は各都道府県に1議席をあらかじめ配分する「1人別枠方式」にあるとして廃止を求めた。しかし区割りは間に合わずに12年選挙の最大格差は2.43倍に拡大。0増5減の法改正時に内閣法制局長官だった山本庸幸裁判官は審理から外れた。 最高裁は参院選でも直近の2度の選挙を「違憲状態」と判断しており、司法が衆参両院に選挙制度の抜本見直しを迫る状態が続くことになる。衆院選の格差訴訟での違憲状態判決は3回連続。 この日の判決で大法廷は14年選挙の区割りについて「0増5減の対象外の都道府県では定数の見直しがされていない」と指摘。 裁判官14人のうち9人の多数意見。0増5減が反映された14年選挙では格差がわずかに縮小しており、国会の取り組みをどう評価するかが焦点となった。衆院議長の諮問機関「衆院選挙制度に関する調査会」が14年選挙後も制度改革の議論を続けていることも踏まえ、「段階的に是正を図ることは現実的な選択として許される」とし、見直しに必要と認められる期間(合理的期間)は過ぎていないと判断した。 一方で、区割り見直しの時点で最大格差が2倍を切った点などを「一定の前進」と評価。選挙区間の「1票の格差」が最大2.13倍だった2014年12月の衆院選は憲法が定める投票価値の平等原則に反するとして、二つの弁護士グループが選挙無効を訴えた17件の訴訟の上告審判決で、最高裁大法廷(裁判長・寺田逸郎長官)は25日、「小選挙区の区割りは不平等状態にある」と指摘し、「違憲状態」とする統一判断を示した。桜井龍子裁判官ら2人は「合憲」の意見を、大橋正春裁判官ら3人は「違憲」との反対意見を述べ、反対のうち2人は選挙は無効と指摘した。13年の判決で再び「違憲状態」との判断が示された。一方で国会の取り組みを一定程度評価し、憲法上許される期間内に格差が是正されなかったとはいえないとして無効請求は棄却した。国会には「格差のさらなる縮小を可能にする検討と集約を着実に続けていく必要がある」と注文を付けた。国会は12年の衆院解散直前、別枠方式の規定を削除し、小選挙区定数を「0増5減」する法改正を行った。

開票は12月6日で、民主党との統一会派のあり方や、党分裂の収拾策などを巡り論戦が交わされる。ただ、分裂に伴う混乱の影響で今回の代表選は注目度も低く、党再生はおぼつかない。何とか自分の手で仕上げたい」 小野氏「野党再編の中で『維新の党、ここにあり』と主軸になれるようにしたい」 立候補届け出後の記者会見で、両氏は野党再編への意気込みを語った。松野、小野両氏は、単独での党勢拡大は困難とみて、野党再編に活路を見いだしたいとの考えでは一致している。松野氏「年内に100人規模の新党か、政治グループを作る。しかし、10月の党分裂で共産党(衆参32人)を下回る26人にまで落ち込んだ。維新は最近まで、衆参両院で51人と民主党に次ぐ野党第2党の座にあった。維新の党の代表選が24日告示され、松野頼久代表と小野次郎総務会長の2氏が立候補した。

このうち1人は「追加緩和の手段に限りはない」と付け加えた。当面は様子見だが、市場に期待を持たせるためあえて議論した可能性もある」と分析した。第一生命経済研究所の熊野英生氏は「目標の早期実現を放棄した」と批判した。日銀は25日、10月30日に開いた金融政策決定会合の議事要旨を公表した。 議事要旨によると、委員全員が、今後の物価見通しについて「下振れリスクが大きい」との認識を共有した。 ただ、日銀が同日の会合で2%の物価目標の達成時期を「平成28年度前半ごろ」から「28年度後半ごろ」に先送りしたのは「矛盾」と疑問視する声もあった。一方、佐藤健裕審議委員と木内登英審議委員は、「29年度までに2%に達しない」と表明して柔軟な政策運営を求めるなど、追加緩和には極めて慎重だ。 さらに、昨年10月の追加緩和に賛成した白井さゆり審議委員も25日の講演で、「現時点で対応を要するものではない」と市場の追加緩和論を牽制(けんせい)した。 市場では同会合で日銀が追加緩和に踏み切るとの観測が広がっていたが、黒田東彦(はるひこ)総裁は記者会見で「いろいろ議論はあったが、具体的に追加緩和の提案はなかった」と説明した。会合では金融政策を決める9人の政策委員のうち、「必要があれば追加金融緩和すべきだ」という“積極派”と、「2%の物価目標は中長期的に目指すべきだ」とする“慎重派”の対立が深刻化している実態が浮かび上がった。 SMBC日興証券の宮前耕也氏は「消費税再増税を後押しする切り札として温存している。さらに、多くの委員は「物価目標の早期実現のために必要があれば、躊躇(ちゅうちょ)なく政策調整すべきだ」と発言。








カイロプラクティック
ブログ
カイロプラクティック
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR